戻ってきた、不動産部S!

こんにちは!
約1年半越しになります、正直不動産部のSです。

後藤が一身上の都合により退職し、新しい風が吹くまで、不動産部に舞い戻る事となりました。

まだまだ未熟者ではありますが、経理部との二束わらじ、頑張っていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

【引用画像】

いらすとや:よくあるご質問 | いらすとや (irasutoya.com)

FUJINO ART&CRAFT「ニワイチ」が開催されます!

FUJINO ART&CRAFT「ニワイチ」開催!

5/28(土)・29(日)10:00~17:00

会場のひとつ「日だまりの家」は、弊社で施工させていただいた「自然素材の建物」です。作品と併せて建物も是非ご覧ください。

<第21回>藤野ぐるっと陶器市開催!

<第21回>藤野ぐるっと陶器市開催!

5/21(土)・22(日)10:00~17:00

会場になっている「❷ふじのね」と「❸工房 艸」さんは、弊社で施工させていただいた建物です。作品と併せて是非ご覧ください。

 

鹿と遭遇!!

先日、仕事中に鹿と遭遇しました、あまりにゆっくり歩いているので車を止めてパシャリ📷

初めて見ました👀 日連付近でしたのでヒルにはご注意を!!!

ルバーブの苗

不動産部後藤です。

不動産ネタではなく個人的な事ですが、

数年前から興味があってなかなか近くで売っていなかったのに、

ディスカウントショップで売っていたので即買いしてみました。

茎のみの調理で、砂糖を入れて煮詰めてみました。

甘酸っぱい感じで私は好きですね。でもひたすら、パンに塗るだけです。

ほかの調理方法など知っていたら教えださい。

 

ルバーブ苗小

ジャム小

 

 

 

新人の後藤です(不動産部)

この度、不動産部に異動になりました後藤です。よろしくお願いします

不慣れではありますが、一生懸命勉強しながら頑張っていく次第でございます。

 

創和建設の事務業務で、10数年勤務しているので、新人でもなく、若々しさ、

初々しさもありませんが、おばさんなりに頑張れればと思っています。

わかる範囲ではありますが、地元人ならではの、地域ネタ、学校ネタ、活動、

食べ物屋さん等々ご説明できればと・・・

 

ここ数年、藤野の人気も上がり驚いています。いつかは都会に住もうと思い

はや何十年、この頃は、のんびり過ごせれば田舎の暮らしも良いかなと・・・。

 

 

面白い看板

皆さんこんにちは、不動産部のSです!

今日は、物件の通り道ずっと「センスあるな。」「ユニークだな~。」と思っていた看板をご紹介いたします。
八王子の明神町にあるこの「きぬた歯科」…の上にある看板。

【きぬた歯科より目立ちたいけど歯が立ちません。】

この一文。
「ぐぬぬ、面白い!」どこの会社だーーー?
―アパマンショップ—

弊社も貴社には歯が立ちません。

以上、不動産部のSでした!

IMG_0736

藤野の顔になる場所

こんにちは、不動産部Sです。

さて、今回は真面目に不動産のお話を。

というのも、駅前が淋しくって仕方がないっ!!!
つい昨日、駅の上の自販機でほうじ茶を買って、会社に戻ろうとした時。

まだお昼なのに、シャッターが閉まっているお店をみて、

「藤野ってこんな寂しいところだったっけ?」

旅行先でシャッターの閉じた商店街を見かけた時の感覚。
駅前が閉じてるってこういう事かと。
そう思いました。

誰か駅前のテナントを活用してくれる方、いらっしゃいませんか?
先ずは中を見てみたい、相談をしたい!…という方も大歓迎です。

賃料は18万円。
「代表者さまがご契約」という形にはなりますが、何人でシェアしてもOKです。

私は、この場所は “藤野の顔になる場所” だと考えています。

JR中央本線 藤野駅に降り立って、一番最初に目に入る場所。
芸術のまち藤野で、みんなの事を温かく出迎えたい、そんな方を募集しております。
F6271AAA-FE6C-4F1F-BD3C-24A3A6E2FEF2

EEED820D-8E58-442C-83C9-E95C8D49398D

おすすめ映画

こんにちは!
不動産部のSです。
今回は久々に「おっ!」という映画を見つけたので、ご紹介したいと思います。

タイトルは【あなたの名前を呼べたなら】。
インドが舞台の映画です。

「なんだこのタイトル…どんな甘ったるい恋愛映画だよ!?」
「インド映画だし、また踊るのかな?」

なんて思いながら、とりあえず視聴。
・・・全然違いました。
ただの恋愛映画ではなく、『インドの階級社会』がメインのような、そんな映画。

インドの農村部では、1度未亡人になると、もう二度と嫁ぐことはできない。
そんな暗黙の決まりがある中で、未亡人の主人公ラトナと、ラトナをメイドとして雇っている雇用主のアシュヴィン。
2人は、同じ時を過ごしていく間に、段々惹かれ合っていきます。

…もうね、全てが自然なんです!
月9のように、「なんでこの人こんな奴を好きになったの…?」という事が一切ありません。
1つ1つのシーン全てにお互いを思いやる気持ちが感じられる。
階級の差、未亡人という圧倒的ハンデがある中で、相手に迷惑をかけたくないという葛藤…でも抑えられない気持ち。
2人がお互いを好きになった理由が「あぁ、わかるなぁ。」と思えます。
あと、ご主人はこれでもか!という位優しいです。

多くを語らない映画で、台詞数も圧倒的に少ないのですが、それがまた良い。
基本的にはこの2人の日常を遠巻きに映しているだけなので、人によっては物足りないかもしれません。

また、普段ラトナは、雇用主アシュヴィンの事を「Sir(ご主人)」と呼びます。
一介のメイドの身で、ご主人の名前を気安く呼ぶことなど出来ないのです。

ここが、タイトルの由来で、本来のタイトルは【Sir】なんだとか。
なんでもかんでも日本語に訳さなくても良いな、と思った瞬間でした。
…訳した方が、意外性を狙っていたら話が別ですが(笑)。

そんなこんなで、ラストは納得のシーン…とても綺麗に終わりを迎えますので、ぜひご覧になってみて下さい。

階級社会に苛立ちを覚えるシーンがありつつも、見終わった後はスッキリほっこりする、幸せ映画となっております!

それでは今回はこの辺で!
あなたの名前を呼べたなら

素敵なカフェを発掘しました!

こんにちは!
不動産部のSです。

先日立ち寄ったカフェが、とても素敵だったので、今日はそのカフェを紹介しちゃいます!

国分寺から徒歩5分程度。
閑静な住宅街の入り口で静かにお客さんを出迎えてくれた「スズメノツノ」という可愛らしい看板。
サックスブルーのドアを開くと、優しい笑顔のオーナーさんが出迎えてくれます。

ツメ外観

ツメ看板

内装はこじんまりとしていて、全体的に木のぬくもりを感じられる作り。
座席は、1人でもゆっくり過ごせるような工夫がなされいるので、気軽に入りやすい印象があります。

IMG_9828

IMG_9825

そして肝心のご飯。
私はひとまずロールキャベツを注文。
そしたらこれが本当においしい…!
キャベツもお肉も柔らかいし、コンビニで買うロールキャベツとは違って、舌に突き刺さるような味が1つもない、とにかく優しい味でした。
…このロールキャベツならいくらでも食べれちゃうな、なんて。笑
IMG_E9829

そんな事を思っていたら、近くの席に座ってた人が注文したプリンが到着。
目が奪われました。
…THE昔ながらのプリン。
「これは食べよう。」と早速注文。
ほどなくしてプリンが到着しました。
ね?こんなの絶対美味しいでしょう?笑
そしてたまらない大きめサイズ。
IMG_E9831

一口食べたらやっぱり美味しい!
甘すぎず、カラメルソースも程よくビターで、大人のプリンて感じでした。
そんなこんなで長居をしてしまい、ゆったりまったりな休日を「スズメノツノ」で過ごさせていただきました。
(藤野のイベントで、プリンだけでも出店してくれないかなぁ。。。)

今回はここまで!
皆さんも、お時間があればぜひ足を運んでみてください。

※1時間につき1回、窓やドアを開けて換気をしていましたので、コロナ対策も万全なお店です。